「闇芝居(生)」配信記念
君沢ユウキ / 濱正悟インタビュー

ドラマ「闇芝居(生)」(やみしばいいき)が、テレビ東京の水ドラ25枠で放送中。本作は、テレビ東京で7期にわたって放送されてきた人気ホラーアニメ「闇芝居」を、「惡の華」「富江 アンリミテッド」の井口昇らを監督に迎え実写化した短編オムニバス。2.5次元舞台などで活躍する俳優陣や、でんぱ組.incの相沢梨紗と鹿目凛ら、総勢24名のキャストが映像を彩っている。この特集では、本作のauスマートパスプレミアムでの配信を記念し、出演者の君沢ユウキと濱正悟にインタビューを実施。作品の見どころはもちろん、自身の心霊体験や現場で体験した“恐怖”を語ってもらった。

取材・文 / 映画ナタリー編集部
撮影 / ヨシダヤスシ

■ドラマ「闇芝居(生)」配信概要

配信概要:ドラマ「闇芝居(生)」を「auスマートパスプレミアム」で見放題独占配信。過去のエピソードを見逃した方も、いつでもお楽しみいただけます。
対象:auスマートパスプレミアム会員
配信日:2020年9月12日(土)0時より配信中

君沢ユウキ インタビュー

高校生の頃、ホラー映画を観て金縛りに

──本作は、ホラーアニメ「闇芝居」を実写ドラマ化した短編オムニバスです。まず出演が決まった際の心境を教えてください。

ホラー作品には今まであまり出演させていただいたことがなかったんです。周りの方々から、原作のアニメが独特な世界観を持っていると聞いて、そういう意味でも新しい挑戦だなと思いとても楽しみにしていました。

──ホラー作品を観るのは得意ですか?

いや、実はそんなに得意じゃなくて! やっぱり怖いじゃないですか(笑)。高校生くらいのとき、夜中にテレビを観ていたら突然「リング」の放送が始まったことがあったんです。ぼーっと観ていたら、貞子が出てきちゃって……。トラウマになって、その日、人生で初めて金縛りに遭ったんですよ。

──映画を観て影響を受けてしまったんですね。

はい(笑)。すごいものを観たと思って、1人で震えながらベッドに入ったんですが、目が覚めたら「え、見えてるのに動かない!」「誰かがこのへんにいる気がする! 起きなきゃ!」という状況になって。無理やりバッと起きたら、自分の足が見えて、次に首の取れた自分の姿が見えたんですよ。次に気付いたら朝でした(笑)。それ以来ホラーには少し苦手意識があったんですが、この仕事を始めて、いよいよ自分がホラー作品に出るのか……と思いましたね。

──今回君沢さんは、井口昇監督が手がけた「花占い」「枯れない花」というエピソードに出演されました。監督の印象はいかがでしたか?

ホラー作品ということで、監督も怖い雰囲気なのかと思ったら、井口監督はすごく優しい方で。失礼な言い方かもしれないですけど、ゆるキャラのようにかわいらしくて癒しを与えてくださる方でした。

──本作は紙芝居のような見せ方で、実写の静止画にナレーションやセリフを当てる形で作られていますね。

初めての撮り方だったので、監督が導いてくださる方向に従って作っていきました。普段は役者としてトータルの演技で見せるところを、「この部分の表情をください」と求められてピンポイントのリアクションを提示するのが新しいなと感じました。大げさに言うと、ちょうどいい“一瞬”を探す宝探しみたいな。

──ホラー作品の現場では、キャストの方々が実際に心霊体験をすることも多いと聞きます。今回、何か恐怖を感じるような出来事はありましたか?

基本的に僕、あまり気付かないほうで、霊感もゼロだと言われたことがあるくらいなんです。今回はあまり怖いことは起きていない気がします。でもちょっと怖かったのは、声の収録をしているときに、スタジオの猫がずっとブースにいて、どうしても出ていってくれなくて。“猫待ち”状態がありましたね(笑)。

日本独特の“想像力を掻き立てる上質な怖さ”

──では改めて、ご自身の出演した「花占い」「枯れない花」の見どころを教えてください。

見どころはやっぱり、誰にでも起こりうる状況を描いていること。仕事帰りに体験する恐怖や、社会人になって大変な目に遭っていく人の話なので、親近感が湧いて自分の話のように楽しんでもらえると思います。僕が金縛りにあったときの話じゃないですけど、夜中に1人で観てもらいたいですね。ぜひ、誰かにかつての僕と同じ体験をしてほしいです! ……それは冗談ですけど(笑)。でも、血飛沫が飛ぶパニックものではなく、日本独特の“観た方の想像力を掻き立てる上質な怖さ”を描いていると思うので、楽しみにしていただきたいです。

──ありがとうございます。本作には、舞台などでも活躍している方々が数多く出演されています。ご自身のエピソード以外で、気になる回や出演者を挙げるとしたら?

橋本祥平くんとは普段舞台でよく会うんですが、映像作品の現場で会ったことはほとんどないんです。彼はすごく陽気で、現場を盛り上げてくれるハッピーな雰囲気の持ち主。だからこそホラー作品の中でどんなことをやっているんだろう?と気になります。杉江大志くんも舞台でずっと一緒にやってきたので、どんな作品になっているのか楽しみです。

──本作は地上波放送後、auスマートパスで配信も行われます。2度目に観るとしたら、どんなシチュエーションでの鑑賞をお薦めしますか?

ぜひ「ほかにはないタイプの面白いホラーがあるよ」って周りの人を誘って、一緒に観てほしいです。いろんな人に当てはまるように工夫して書かれている分、感想を話しやすいと思うんです。それに自分が怖いと思ったポイントも、他の人は面白いと感じるかもしれない。そういう楽しみ方をしてほしいですね。

濱正悟 インタビュー

井口監督のお芝居がめちゃくちゃ怖かったです

──濱さんは、もともと原作アニメをご存知だったそうですね。

はい。学生時代、こういうお仕事をするとは考えてもいなかった時期に観ていたので、実写化すると聞いたときは驚きました。実写でやるの!?ということに加え、まさか自分が出られるとは思っていなかったので。

──ホラー作品を観るのは得意なほうですか?

怖いですけど……観ます(笑)。前は友達と一緒に観たりしていましたが、最近は1人でも全然観られますね。僕自身は幽霊に遭遇したこともないので、あまりホラー作品を観ても影響されないタイプなのかもしれません。よっぽど共感しちゃう設定があったり、知っている場所が出てきたりしたら怖いと思いますが。

──本作は紙芝居風に作られている分、撮影方法も特殊だったそうですね。

紙芝居方式で静止画を重ねていく作りだったので、かなり特殊でした。でも、疑問点があっても井口監督がすぐに答えをくれるような現場だったので、不安になることはありませんでした。写真の被写体と、映像のお芝居の中間くらいの感覚でやっていましたね。実は最初、実際の心霊スポットで撮影するんだったら怖いなと思っていたんです。でも今回はスタジオでの撮影だったので、怖くなくて助かりました(笑)。

──現場では、井口監督からどんな演出の指示がありましたか?

井口監督ご自身がお芝居もやっている方なので、「こういう表情をしてほしい」という指示を実際に演じてみせてくれるんです。それがわかりやすくて……その井口さんの顔が一番怖いこともあったんですが(笑)。それが面白かったですし、やりやすかったです。

──ホラー作品の現場で実際に心霊体験をしたという話を聞くこともありますが、今回恐怖を感じた瞬間があれば教えてください。

例えば暗い廃墟での撮影だったらスタッフさんの姿も見えないし、怖い思いをしそうですが、今回は明るいスタジオだったので大丈夫でした。それこそ、「家族写真」というエピソードに出てくる謎の男の顔を、井口さんがジェスチャーでまねしてくれたんですけど、その芝居がめちゃくちゃ怖かったくらいです(笑)。井口さんはお話ししていてもすごく柔らかい印象で、優しくいろんなことを教えてくれるんですが、その瞬間だけちょっと怖すぎました(笑)。

トイレやお風呂は済ませたあとに観て

──では濱さんが出演した「遠吠え」「家族写真」の見どころを教えてください。

どちらのエピソードも、次に何が起こるのかわからないタイプのエピソードだと思うので、楽しみにしていただきたいです。「遠吠え」は特に、狐につままれたような感じのする話だと思います。放送は夜中なので、トイレやお風呂は済ませたあとに観ていただいたほうがいいんじゃないかなと思いますね(笑)。

──観終わったあとは1人でトイレに行けなくなる可能性もありますからね(笑)。ご自分の出演回以外で、楽しみなエピソードはありますか?

さっき(取材の現場で)君沢さんにお会いできたんです。それも縁だと思うので、君沢さんの回を早く観たいですね。今回は撮影も別々だったので、ほかの方々の現場を見れていなくて。でも逆に言うと、先入観なく本編を観られると思うので、全話楽しみにしています。

──auスマートパスでは放送後に配信も行われます。自分の好きなタイミングで観ることができる配信ならではの、お薦めの鑑賞シチュエーションを挙げるとしたら?

単純に、放送は夜遅い時間なので、見逃してしまった人にとって配信があるのはありがたいですよね。あと夜中だと怖すぎて観られない方は、明るいうちに観てもいいと思います。それから放送で一度観てくれた方は、大事な瞬間の僕らの表情を、もう一度見直していただけたらありがたいです。さっき話した井口さんのお芝居は……本編には出てこないんですけど(笑)。あと、アニメの「闇芝居」では5分くらいの短いストーリーが夜中に1本ずつ放送されていましたが、今回はこうしてたくさんのエピソードをまとめて観られるのもうれしいポイントだと思います。

■君沢ユウキ&濱正悟 サイン入りチェキプレゼントキャンペーン概要

内容:auスマートパスの公式Twitterアカウントをフォローし、9月28日に投稿される本プレゼント対象の投稿をリツイートいただいた方の中から抽選でそれぞれ1名の方にドラマ「闇芝居(生)」の出演されている君沢ユウキさんと濱正悟さんのサイン入りチェキをプレゼントいたします。
プレゼント:君沢ユウキ サイン入りチェキ / 濱正悟 サイン入りチェキ
当選者数:抽選でそれぞれ1名様
応募期間:2020年9月28日(月)10:00~2020年10月4日(日)23:59
対象ユーザー:どなたでもご参加いただけます。

利用規約

応募条件

  • Twitterアカウントをお持ちであること
  • auスマートパス公式Twitterアカウント「@smartpass_au」をフォローしていること。
  • 本プレゼント指定のツイートをリツイートしていること。
    • 引用ツイートはご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    • 必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でご参加ください。
      アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
  • 日本国内に在住で賞品の配送先が日本国内の方
  • 本プレゼント応募要項のすべての条件にご同意いただける方
  • 13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。

当選発表

2020年10月下旬頃までに当選された方にauスマートパスPR事務局からTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたしますので、必ずauスマートパス公式Twitterアカウント「@smartpass_au」をフォローいただけますようお願いいたします。当選通知受信後、指定の期限までに、ご連絡先、賞品お届け先等、必要事項を指定の方法でご連絡ください。ご連絡が7日以内にない場合は当選を無効とさせていただきますのでご注意ください。商品発送は11月上旬~11月中旬を予定しております。

  • 都合により当選通知のご連絡が遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)によるご連絡は弊社からの送信専用となっております。誠に恐れ入りますがご返信はお受けできませんのであらかじめご了承ください。
  • 都合により賞品の配送が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 住所、転居先不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、ご当選を無効とさせていただきます。
  • 本プレゼントの当選権利を、他の人に譲渡することはできません。

キャンペーンの参加にあたって

運営事務局について

本プレゼントは、KDDI株式会社が主催し、ビデオパスPR事務局(以下、事務局)が運営しております。なお、適正な運用を行う為に事務局が必要と判断した場合に限り、本プレゼントの応募条件変更等、あらゆる対応をとることができるものとさせていただきます。あらかじめご了承ください。詳しくはその他の注意事項をご確認ください。

その他の注意事項

本プレゼントについては下記をお読みいただき、ご同意いただける場合のみご応募ください。

  • 本プレゼントはTwitter社とは一切関係ありません。
  • 本プレゼントに応募していただくにあたり、応募者は本応募規約に従うものとし、一切異議申立てを行わないものとします。
  • 本プレゼントについての連絡及び賞品発送に関して、事務局からご連絡をさせていただく場合がございます。
  • 本サイトの利用・利用停止、もしくは不能による損害については事務局では一切責任を負いかねます。(各種Webサービスのサーバダウン等も含む)
  • 本プレゼントはPC・スマートフォンからのご応募となります。フィーチャーフォン(ガラケー)からのご応募はできません。
  • インターネット接続料及び通信料はお客様のご負担となります。
  • 賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。
  • 賞品の内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 当社が意図しない不正な処理を行わせるプログラム等でのご応募は無効とさせていただきます。
  • 当サイトの利用によるいかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしてもKDDI株式会社は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • KDDI株式会社の社員および関係者は応募できません。
  • 本プレゼントでお預かりする皆様の個人情報の保護方針については、KDDI株式会社ホームページ内の「プライバシーポリシー」に記載しておりますので、必ずご一読の上、ご利用願います。

賠償責任

本サイトの利用に関連して利用者と第三者との間に紛争が発生した場合には、利用者は、自身の責任と費用で当該紛争を解決するものとし、KDDI株式会社に損害を与えることのないようにするものとします。

免責事項

本サイトの利用に関連して利用者または第三者に損害が発生した場合、KDDI株式会社は一切の責任を負いかねます。また、本プレゼントの規約に違反していると事務局が判断した場合に限り、アカウントのブロック等の必要な措置を取ることができるものとし、これに関連して利用者に損害が発生した場合についても事務局は責任を負わないものとします。

準拠法および裁判管轄

本プレゼント規約の解釈・適用に関しましては、日本国法に準拠するものといたします。また本プレゼント規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

お問い合わせ

auスマートパスPR事務局
お問い合わせメールアドレス:passgetit@natasha.co.jp

受付期間:2020年9月28日~2020年10月5日 11:00~18:00
(土・日・祝日を除く)
  • 受付時間外の場合は、ご返信までにお時間をいただく場合がございます。
  • お問い合わせの際は、事務局からの連絡メールを受け取れるよう、迷惑メール防止設定をご確認ください。
  • メール受信拒否設定(ドメイン指定受信)を設定している場合は「@natasha.co.jp」からのメールを受信できるよう設定を変更してください。設定変更がされていない場合、メールを受信できない場合がございます。

君沢ユウキ(キミサワユウキ)

1985年1月31日生まれ、京都府出身。2009年から放送された特撮ドラマ「仮面ライダーW」に園崎霧彦 / ナスカ・ドーパント役でレギュラー出演した。「舞台『東京喰種トーキョーグール』」「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」「体内活劇『はたらく細胞』」といった舞台でも活躍。2020年には舞台「炎炎ノ消防隊」「サウナーマン ザ・ステージ ~汗か涙なら問題ない~」などに出演した。

濱正悟(ハマショウゴ)

1994年8月22日生まれ、東京都出身。2015年にGirlsAward×avex「BoysAward Audition」で特別賞を受賞した。2018年から放送された「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」にルパンブルー / 宵町透真役で出演。その後「酔うと化け物になる父がつらい」といった映画や、ドラマ「コーヒー&バニラ」「ピーナッツバターサンドウィッチ」などに参加した。

全ての特集を見る

auスマートパスプレミアムとは

使える特典が盛りだくさん!

使える特典が盛りだくさん!

  • ショッピング
  • au pay
  • クーポン
  • アプリ
  • あんしん

おトクなクーポンや、便利で楽しいアプリ、スマホをサポートするあんしんサービスが使える!

auスマートパスプレミアムの特典を見る

auスマートパスプレミアム以外の方はコチラ

月額情報料:499円(税抜)
お申し込み:必要
対応OS:Android™ 搭載auスマートフォン(一部機種は除く)、Android™ 搭載auタブレット(一部機種は除く)
iOS8.0以降のiPhone、iPad、4G LTEケータイ
※機種によりご利用になれるアプリ・コンテンツやサービスが異なります。詳細はサービスサイトでご確認ください。
  • ※別途、LTE NETまたはIS NETコース(300円/月)のご加入が必要です。
  • ※ご利用にはau IDでのWEB登録が必要です。
  • ※決済方法はご利用のau IDによる「auかんたん決済」となります。
  • ※月の途中で課金開始した場合、当月の月額情報料は日割りとなります。ただし、auスマートパスプレミアムからauスマートパスに変更した場合のみ翌月適用となります。
  • ※月の途中で退会した場合、月額情報料は日割りとならず満額かかります。
  • ※フィルタリングサービスご利用の方は、設定などによりご利用いただけない場合があります。
  • ※アプリのインストールを行う場合、アプリサイズの2倍の本体空き容量が必要となります。ただし、Android™3.2以前の一部機種ではアプリサイズの5倍の本体空き容量が必要となります。
  • ※ダウンロードしたアプリ(一部のアプリ除く)・コンテンツは、サービス解約後は自動的に消去されご利用いただけません。
  • ※auスマートパスプレミアムご加入以前からご利用の一部アプリ・コンテンツは、ご加入後に月額課金(継続課金)の引継ぎ、解約が必要な場合があります。
  • ※一部コンテンツ(アイテムなど)は、別途有料となる場合があります。
  • ※お客さまが操作していない場合でも通信を行なうことがあります。
  • ※データ(パケット)定額サービスのご加入を推奨します。
  • ※各アプリ・コンテンツは予告なく終了する場合、または内容が変更になる場合があります。
  • ※アプリ・コンテンツの動作内容等は保証しておりません。KDDIでは責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

通信(4G LTE/WiMAX 2+/3G通信)速度制限について

※ご加入の携帯電話の料金プランにより、ご利用状況に応じて通信速度を制限させていただく場合があります。詳しくはauホームページの基本料金・料金プラン一覧のページよりご確認ください。
速度規制の解除については、データチャージまたはエクストラオプション(即時)をご利用ください。

また、容量の多いデータ定額サービスにご変更いただくことで、スムーズにご利用いただけます。変更の適用タイミングについては、基本料金・料金プラン一覧のページよりご確認ください。(Wi-Fiご利用の場合は速度制限なくご利用いただけます。)

ドラマを観る