auスマートパスプレミアム
「YouTuberとしても活躍するアーティスト」

動画投稿をきっかけに芸能活動をスタートさせるなど、YouTubeをはじめとした動画共有サイトでは新しいスターが生まれ続けている。スポーツ選手やお笑い芸人、アーティストたちも続々とYouTuberとしての活動を始めており、YouTubeはあらゆる分野のプロフェッショナルたちが独自の情報を発信する動画共有サービスに発展した。ここではアーティストとして活動しながらYouTuberとして独自の動画コンテンツを投稿している3人をピックアップ。YouTubeだからこそ観ることができる三者三様の個性あふれるコンテンツを紹介する。

文 / 森朋之

GACKT

2020年元日にスタートしたGACKTのYouTubeチャンネル「がくちゃん」では、英会話レッスンや自宅でできるフィットネスなど、彼自身が会得した“使える”ツールが公開されている。「英語ガク習塾」と題された英会話レッスンは、映画「NIGHT&DAY」を教材にネイティブの発音を取得することを目標にしたコンテンツで、4月に投稿された「英語ガク習塾 Lesson 1 ~謝るのにもヒト苦労!?~」では「I'm sorry How's that?」の1フレーズのみを1時間以上にわたって解説。この言葉の意味、アメリカ英語の発音の特徴、日米の文化の違いなど豊富な知識を交えて詳しく説明し、ユーザーからも「日本の教育を受けた日本人からの観点でお話ししてくださるから、すごくわかりやすいし面白い」「説得力しかない」と絶賛されている。GACKTが腕立てや腹筋などのトレーニング方法を伝授する動画シリーズ「ガクザップ!」では、「女子でもできる!」という名目のもと自宅でできるエクササイズを紹介。中でも「鬼教官編」はGACKTが女性ダンサーに対して独自のトレーニング方法をレッスンする様子が動画化されたもので、的確にしてドSなGACKTの指導ぶりが話題を集めている。これらの動画シリーズのみならず「GACKTにタメ口で話しかけるとキレるのか?」といった検証ドキュメントや寝起き、着替え、リハーサルから本番まで「ライブの1日」に密着した映像、中高生男子に向けて女性を口説くセリフを伝授する「GACKTの負け方」など、バラエティ要素の強いコンテンツも盛りだくさん。すべての動画にGACKTの人生観や美意識がびっしり浸透しているのも「がくちゃん」の魅力だろう。

※ログイン前の場合は、au IDログインのページへ遷移します。

広瀬香美

地上波の情報番組で「もしかしてだけど」(どぶろっく)などのカバー動画が紹介されたことをきっかけに注目を集めた広瀬香美の公式チャンネル。動画コンテンツの軸はもちろん“歌ってみた”シリーズで、米津玄師「Lemon」、Offical髭男dism「Pretender」の再生回数はそれぞれ300万回を超えている。ほかにもKing Gnu「白日」、あいみょん「マリーゴールド」、LiSA「紅蓮華」などJ-POPのトップチャートを賑わせた数々の楽曲を、広瀬はピアノの弾き語りによるパワフルにしてエモーショナルな歌声でカバー。「広瀬香美、やっぱりすごい!」という再評価につながっている。歌と演奏だけではなく、独自の楽曲解説も動画の見どころ。例えば「Pretender」に関しては「この曲は『グッバイ』勝負。それを言わせるために、どれだけうまいフリ(Aメロ、Bメロ)を持っていくか」とコメントし、また「白日」では「いろんな味、いろんなパーツが凝縮されている幕の内弁当みたいな(曲)。どこを取っても美味しい、何回食べても飽きない」と解説している。「楽曲の魅力を分析したうえで、自分らしくカバーする」というスタイルを確立している。“歌ってみた”のほかにも、彼女がシンガーソングライターとして培ってきたメソッドを紹介する「広瀬香美ミュージックレッスン」というコンテンツも。歌唱法、作曲方法、ステージでの心構えなどの具体的な内容は、アーティストを志す人からカラオケでうまく歌いたい人まで、幅広く役に立つはずだ。

※ログイン前の場合は、au IDログインのページへ遷移します。

EXILE ATSUSHI

EXILEのボーカリストであり、ソロシンガーとしてもキャリアを重ねているEXILE ATSUSHI。彼のプライベートな表情を楽しめるのが「EXILE ATSUSHI スナちゃんTV」だ。「TVでは伝えきれない想いを伝えたい」をテーマにした動画シリーズ「Bar ATSUSHI」では、ゲストと共にYouTubeだからこそ打ち明けられるようなぶっちゃけトークを展開。2020年1月に公開された第1回では、バーを訪れたEXILE TAKAHIROがEXILEの歴史を振り返る貴重なエピソードを披露しており、LDHファンを中心に大きな話題を集めた。またEXILE ATSUSHIは「ペヤング激辛MAX食べてみた!」「絶品!コーヒー投入作ってみた!!」「聖地・名古屋でモーニング初体験してみた!」などYouTuberらしい企画の数々にも挑戦。食レポや料理に挑戦する姿など、ここでしか観られない映像が続々とアップされている。もちろんEXILE ATSUSHIの歌声を堪能できる動画も公開されており、「酔った勢いでOfficial髭男dismさんの『Pretender』歌ってみた!」という動画では、カラオケボックスでお酒を片手に「Pretender」熱唱。この動画は800万を超える再生数を記録し、抜群の歌唱力とフレンドリーな人柄を多くのユーザーに印象付けた。4月にはテレビ番組で初披露された新曲「輪廻」を特別バージョンで動画化して公開するなど、普段の音楽活動とリンクしたコンテンツも。「#Stay Home」をテーマにしたYouTube Live配信「【ATSUSHIからみなさまへ...】今の想いを歌に込めて」ではワインを飲みつつ、自身が作詞したEXILE「願い」、ブライアン・マックナイト「Back At One」、ジョン・レノン「Imagine」などをピアノで弾き語りし、視聴者を感動させた。

※ログイン前の場合は、au IDログインのページへ遷移します。

全ての特集を見る

auスマートパスプレミアムとは

使える特典が盛りだくさん!

使える特典が盛りだくさん!

  • ショッピング
  • au pay
  • クーポン
  • アプリ
  • あんしん

おトクなクーポンや、便利で楽しいアプリ、スマホをサポートするあんしんサービスが使える!

auスマートパスプレミアムの特典を見る

auスマートパスプレミアム以外の方はコチラ

月額情報料:499円(税抜)
お申し込み:必要
対応OS:Android™ 搭載auスマートフォン(一部機種は除く)、Android™ 搭載auタブレット(一部機種は除く)
iOS8.0以降のiPhone、iPad、4G LTEケータイ
※機種によりご利用になれるアプリ・コンテンツやサービスが異なります。詳細はサービスサイトでご確認ください。
  • ※別途、LTE NETまたはIS NETコース(300円/月)のご加入が必要です。
  • ※ご利用にはau IDでのWEB登録が必要です。
  • ※決済方法はご利用のau IDによる「auかんたん決済」となります。
  • ※月の途中で課金開始した場合、当月の月額情報料は日割りとなります。ただし、auスマートパスプレミアムからauスマートパスに変更した場合のみ翌月適用となります。
  • ※月の途中で退会した場合、月額情報料は日割りとならず満額かかります。
  • ※フィルタリングサービスご利用の方は、設定などによりご利用いただけない場合があります。
  • ※アプリのインストールを行う場合、アプリサイズの2倍の本体空き容量が必要となります。ただし、Android™3.2以前の一部機種ではアプリサイズの5倍の本体空き容量が必要となります。
  • ※ダウンロードしたアプリ(一部のアプリ除く)・コンテンツは、サービス解約後は自動的に消去されご利用いただけません。
  • ※auスマートパスプレミアムご加入以前からご利用の一部アプリ・コンテンツは、ご加入後に月額課金(継続課金)の引継ぎ、解約が必要な場合があります。
  • ※一部コンテンツ(アイテムなど)は、別途有料となる場合があります。
  • ※お客さまが操作していない場合でも通信を行なうことがあります。
  • ※データ(パケット)定額サービスのご加入を推奨します。
  • ※各アプリ・コンテンツは予告なく終了する場合、または内容が変更になる場合があります。
  • ※アプリ・コンテンツの動作内容等は保証しておりません。KDDIでは責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

通信(4G LTE/WiMAX 2+/3G通信)速度制限について

※ご加入の携帯電話の料金プランにより、ご利用状況に応じて通信速度を制限させていただく場合があります。詳しくはauホームページの基本料金・料金プラン一覧のページよりご確認ください。
速度規制の解除については、データチャージまたはエクストラオプション(即時)をご利用ください。

また、容量の多いデータ定額サービスにご変更いただくことで、スムーズにご利用いただけます。変更の適用タイミングについては、基本料金・料金プラン一覧のページよりご確認ください。(Wi-Fiご利用の場合は速度制限なくご利用いただけます。)